七五三のお参りはいつするの?着ていくものは何がいい?

七五三とは?どんな行事?

七五三とは、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳になる年の11月15日「七五三の日」に行われる、子供の成長を祝う行事です。江戸時代に徳川綱吉が、11月15日に子の徳松のお祝いを行ったことから、11月15日の七五三が江戸を中心に広がったとされています。他にも11月15日は「鬼宿日(きしゅくにち)」という大吉にあたる日だから、などさまざまな説があります。今では子供が無事に育ったことを祝って、これからの健康を祈願するためにお宮参りを行う行事となっています。

神社へのお参りはいつごろ?

11月15日にお宮参りをするのが正式とされていますが、現在ではお仕事の休みに合わせて11月15日より前の土日祝日などにすませる場合も多くなっています。両親だけでなくおじいちゃんおばあちゃんも参加できる日を選ぶ場合も多いため、皆の都合がつきやすいお休みを選ぶ方が多いようですね。また、満年齢ではなく数え年で七五三を行う事が正式ともされていますが、今は満年齢で行う事も多くなっています。満年齢でも大丈夫なので、兄弟がいる場合などに一緒に七五三を済ませることもできますね。

神社にお参りに行く時の服装

七五三の時に一番迷うのが何を着せるか(着ていくか)ですね。年齢によってもさまざまで、女の子も男の子も3歳の子は七五三用の着物が多いです。5歳、7歳あたりでは、小学校の入学式にも着れるようにスーツを選ぶ場合もありますね。子供の服装は、サイズや着やすさ、家族の好みを考えて好きな服装にするのが良いでしょう。両親の服装も、お宮参りのときにはカジュアルではなくスーツやワンピースなどのきちんとした服装をおすすめします。子供の健やかな成長を願って、まためったにない良い思い出作りにもなる七五三の行事。早めに準備をしておいて楽しく行いたいですね。

七五三は子供の成長を祝う日本の伝統的な風習で、着物などの装いで神社に参拝したり、家族で記念撮影をしたり食事をして祝います。